自然・歴史

十勝岳高山植物ガイド

 

登山道を歩けば、短い春から秋に競い合って高山植物が咲き誇ります。

注意すれば発見できる、代表的な十勝岳連峰の高山植物を紹介しましよう。

7月〜8月中旬の花
ウサギギク(キク科)
高さ 20〜40cm
特徴 多年草、単一花茎で白い柔毛、花茎の下部に3~4対の卵状披針形葉
花の形状 茎頂に径4~5cmの黄色菊状花
花期 7月初め〜8月下旬
アズマギク(キク科)
高さ 15〜30cm
特徴 多年草、根生葉はへら形、茎葉は線形で茎に毛がある
花の形状 径3.5cm頂部に1個、舌状花複数列淡紫色
花期 7月初め〜8月下旬
エゾイワツメクサ(ナデシコ科)
高さ 5〜10cm
特徴 株立枝分かれ、葉は線形で対生水平、縁に毛、高山帯の砂礫地
花の形状 茎先に径1.5cm、5弁で深く2裂、白色
花期 7月初め〜8月下旬
ミヤマキンバイ(バラ科)
高さ 10〜20cm
特徴 多年草、表面に光沢3小葉で縁に鋸歯、高山の草地や岩場、礫地
花の形状 茎先に径2cm、5弁中心に向かい濃黄色
花期 7月初め〜8月下旬
エゾルリソウ(ムラサキ科)
高さ 20〜40cm
特徴 多年草、葉は卵形で先尖り互生、葉脈が目立つ、高山の礫地や草地
花の形状 茎先から枝分かれし筒状先端5裂、青紫
花期 6月〜7月下旬
エゾツツジ(ツツジ科)
高さ 10〜30cm
特徴 落葉小低木、葉は倒卵形3cm縁に繊毛、高山の岩場、礫地
花の形状 枝先数個3~4cm、5弁紅紫に斑点
花期 7月初め〜8月下旬
フタマタタンポポ(キク科)
高さ 10〜30cm
特徴 多年草、茎は二股分岐、根出葉は被針形5~15cm縁は羽状裂、礫地、草地
花の形状 茎先数個、径3.5cm多数の舌状花、黄色
花期 7月初め〜8月下旬
チシマノキンバイソウ(キンポウゲ科)
高さ 20〜80cm
特徴 多年草、葉は3全裂し側裂片は2深裂する、高山帯の湿った草地
花の形状 径3~5cm、橙黄色、花弁は5~9個
花期 7月初め〜8月下旬
8〜9月の花
エゾオヤマリンドウ(リンドウ科)
高さ 20〜40cm
特徴 多年草、茎は直立、葉は披針形、上部ほど小さい、高山草原や火山灰地
花の形状 茎頂のみ2~5個、35~45mm青紫
花期 8月初め〜9月下旬

※富良野市の原始ヶ原では、上記の高山植物のほかにも下記の湿原生植物が見られます。

●6~7月/ミズバショウ(サトイモ科)、ヒメシャクナゲ(ツツジ科)、シロバナトキソウ(ラン科)、ワタスゲ(カヤツリグサ科)

●7~8月/ウズラバハクサンチドリ(ラン科)、タチギボウシ(ユリ科)

●6~8月/モウセンゴケ(モウセンゴケ科)

エリアから探す
地図
スポット名から探す
イベント情報