かみふらのポーク

 

かみふらのポークのふるさと

目の前にそびえ立つ雄大な十勝岳連峰の麓、大自然に恵まれた上富良野町内では約3,000頭の母豚を飼育し、年間約60,000頭にも及ぶ肉豚を出荷しており、繁殖から肥育まで一貫生産を行っています。また町内にある食肉加工施設、そしてプリマハムとの連携を密にし、と畜から精肉商品化までの情報を農場へフィードバックして次への生産につなげ、さらなる品質向上を追求しています。

 

町内8戸の生産者が集う上富良野産豚肉販売推進協議会では、美味しい豚肉は健康な豚であるがゆえに「安心安全はあたりまえ!!」「自分たちが食べたい、美味しくて安全な豚肉をつくる」を合言葉に、豚にストレスをかけないよう飼育管理・生産を行っています。

 

ここでの美味しい豚肉づくりの"こだわり"は配合飼料であり、とくに肥育後期の飼料に「麦」を10%以上配合することで、「締まりの良い肉」が出来上がり「かみふらのポーク」が誕生するのです。

ちょっと雑学

地養豚と一般の豚との違いは飼料、つまり食べるエサです。

「地養素」という木酢液の入った飼料を食べることによって、木酢液に含まれる有機酸が疲労物質である乳酸をできにくくします。つまりはストレスの少ない健康な豚が育つのです。

「地養素」とは、木酢精製液、海藻、ヨモギ、ゼオライトの4つの天然成分からつくられています。これを飼料に混ぜて給与し、大切に豚を育てるのです。

 

豚肉以外には「地養卵」「地養鶏」など聞いたことがあるかもしれませんが、いずれも生産者や消費者の皆さんに高い支持を受けているようです。

 

食べたことありますか?

上富良野には何故か焼肉店が多い。そして定番メニューといえば、やはり「さがり」。

最近は広く北海道内で出回るようになった逸品ですが、豚の内臓を処理するときにの一部である横隔膜の筋肉を「さがり」と呼んだのが語源であり、ここ上富良野町から発信されたとされています。豚一頭からわずか250グラム~300グラムしかとれない貴重品。ジューシーでヘルシー、新鮮だからこそ味わえる上富良野町の名物です。

 

また、かみふらのポークを味わえるのは焼肉店だけではありません。新鮮な豚肉を使った「かみふらの丼」を提供するお店も増えており、リーズナブルに味わうことができます。

 

最近ではかみふらのポークを"まちおこし"にと、素材を十分に活かした創作豚肉料理の取組が行われており、店頭にお目見えする日も近いのではないでしょうか。

 

 

豚さがりを買う・食べる

[買う]谷口精肉店山崎肉店多田精肉店

[食べる]焼肉 秀大坂苑

 

かみふらの豊味豚カレー/表面

かみふらのカレーを提供している施設地図と、表紙の「かみふらの豊味豚カレーのルール6ヶ条」もご覧下さい。

かみふらの豊味豚カレー/裏面

かみふらのカレーを提供している施設と、カレーの写真をご紹介しています。

エリアから探す
地図
スポット名から探す
イベント情報